テーマ:訳詞

振り替え・・・る?(おかしな振り替え)

例えば、人が「良いもの」にアプローチしようとした時 それをけん制する者は妙なものを良いものに繋げてしまう手があるようです。 つまり、妙な意味合いが出るようにしてしまう(良くなくなってしまう) すると人は本当は違いがわかるのだが、世論になんとなく調教されて足が遠のく。 例えば、商売上の戦法だったり、スポーツの試合で相手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Lucky to be me ( Oh! Monica)

自分の立てたトピに集まってきた情報から Monica Zetterlundのアルバムを新しく買いました。 ちょっと読み方に困る名前ですけど Unionなんかには結構置かれるようになってます。 彼女はウィスパリングとまではいかないのですが なんとなく「さりげ」な表現とかコケティッシュな表情もあり 微妙に斜に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳からひとつご紹介

最近やっている翻訳は(歌うためですよ) Chico Buarque(シコ・ブアルキ)と言って 戯曲も入ってるし、テーマもなかなかだったりして、一曲毎にどっしり、きます。 あと、例によって単語の羅列だけでも ボンボンと色々飛んできて頭がクラクラするようなことになっています。 この単語の密度の濃さってブラジルならではなのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Nelson  Sargento

リオのおじさんから頂いた本は Nelson Samrento の Pensamento というものです。 ちょっと勿体無いので数行の訳を載せますね。      # この世で最低の過ちといえば        それは正しく評価できないという過ちだろう   # 限りのない忍耐は忍耐とは呼ばない  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more