引用メモ マスコミのよるテロ?


・アメリカの教育現場で何が起きているかも、サッチャー改革の末路も、日本では報道されていないのか?⇨日本の教育基本条例

・9.11の後、政府とマスコミを信じすぎたせいで、本当に沢山のものを失ってしまったアメリカ。

・史上最大の事故が収束してもいないのに、「安全だ」を繰り返す福島県知事の姿をネットで見た時、子供の時に見た「ジョーズ」という映画を思い出した。人食いザメの被害が出ているのに、地元経済への悪影響を恐れて安全です、安全です、と言い張ってたら、どんどん被害が拡大していったって話だよ。

・イラク戦争は、政府とマスコミが始めた戦争です。でも今思えば、結局それを後押ししたのは私達国民だったと思うんです。あの時私達が、テレビや新聞鵜呑みにせず、立ち止まって冷静に自分の頭で考えさえしたら、と。

・残念ですが、イギリスもBBCを筆頭に、同様の報道を繰り返しています。3.11直後からBBCのドキュメンタリーでは、核物理学者が何人も出て来て、「福島では一人も死んでいない」「チェルノブイリでも死者は43人のみ」と、繰り返し強調していますから、その他の放送局についても、まともな原発報道は期待できません。

・日本人の人達は、海外に過大な期待を持つよりも、今こそ国内のフリージャーナリストや、体制側に組み込まれていない学者、専門家を全力で支えるべきだと思います。企業の息がかかっておらず、自分の足を使って現場の声を伝える人間は、どんどん潰されていく。彼らを孤立させないことは、僕達のような一般市民が身を守ることに繋がるのです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック