Heal The World ! 集団的自衛権、スルーして大丈夫!?

集団的自衛権と、思い併せて聞け!本当に、日本にその覚悟はあるのか?
マイケル、ごめんね。中学から聞いていてこのかた、今まで、
知らなかった。。。。ものすごくカッコイイとだけ、思っていた。

◆Heal The World http://youtu.be/BWf-eARnf6U
プロモーションビデオは戦地の様子です。
戦車の周りで遊ぶ子供達は亡霊か?
日本人には、此処に加わる覚悟はあるんでしょうか。


マイケルのWe are the world が、人口削減組織の薬害を償うものだったなんて。
そして、憲法が無事な限り、他人事だと思っていた戦争。
新自由主義の国々による、他国へのテロだったなんて知らなかった。

あなたが何を人類の、NWOの、USAの罪と思い、それを償おうとしたのかを
70年代の豊かな音楽の楽しさと面白さを知り尽くしたあなたが、
それでも、細い声を震わせて癒そうとした、その罪と痛みを。。知らなかったんだ。。今まで。


画像



ウクライナなど見ていると、アメリカが絡んでいる限り、我々も軍事的行動に関して
もはや無関係ではないのだな、と思うようになりましたね。
何故なら、安倍首相の元で、憲法を飛び越えて集団的自衛権解釈の運びが進んでいるからです。
アメリカの行くところ、日本の自衛隊も行くのです。

徴兵制に関しては、石破氏が「断れば死刑」と言及している限り、今後はあるのでしょう。
ウクライナでは40代までの男性は全員徴兵対象だそうですが、あなたはそれでも平気でいられますか?

今のタイミングで、何が起こっているか、ちゃんと知っておきましょう。
テレビからの事後報告なんて、何の役にも立ちませんからね。

今は、ミラー配信という形で、国会中継の録画もパソコンで見られます。
意見をちゃんという政治家のフォローをしてみてもいいでしょう。

フォローしてみると、議員さんて、現状を把握し学び続ける人と、
お偉いさんや有力株として呼ばれ、チヤホヤされに各所を廻る人の二種類いるんだって
わかります。とにかく、正しい情報の手掛かりは自分で掴むこと!!!

社会保障費を160億円切り崩し、法人税減税や高額所得者の減税を行う上での
今回の消費税UPと同じく、口当たりのいい情報なんて嘘だと思った方がいいです。
政府は堕落すると嘘ばかりついて、下々のものを踏み倒して、戦争に突入しますから。

画像



◆太郎さんの後ろ姿を見ながら、録画で知ろう!火曜日の集団的自衛権講座
録画ライブ 集団的自衛権を考える会 - 密着ライブ映像 #48557268 - ツイキャス -
http://dl01.twitcasting.tv/yamamototaro0/download/48557268?embed=5a986bd1&s=

◆外国特派員協会での、集団的自衛権に反対する記者会見(昨日)
http://t.co/jr9jKsl1Pz


画像



山本太郎さんから、若い人達へのメッセージ。
「 気のせいじゃない。君達が感じている未来への閉塞感は、政治の変革を通してでしか、突破できない」



◆山本太郎事務所より
集団的自衛権の行使及び日米防衛協力のための指針(ガイドライン)に関する質問主意書

  集団的自衛権の行使及び日米防衛協力のための指針(以下「ガイドライン」という。)
に関して、以下質問する。


一  新聞報道によれば、「政府は、集団的自衛権の行使を可能にするため、秋の臨時国会で有事に備える武力攻撃事態法や自衛隊法など十本を超える既存の個別法を改正する方向で調整に入った。」とあるが、この報道は事実か。また、改正を予定している既存の個別法とは何を指すのか、具体的に示されたい。

二  自民党が平成二十四年の衆院選や平成二十五年の参院選の公約に明記した「国家安全保障基本法」を、国会に提出する予定はないのか。

    「国家安全保障基本法」は集団的自衛権行使の理念を盛り込み、政権が替わるたびに集団的自衛権に関する政府見解が変更されるのを避けるため制定するはずであったと考えられるが、「国家安全保障基本法」を制定しなければ、政権が替わるたびに政府見解が変更される懸念があるのではないか、政府の見解を明らかにされたい。

三  平成二十五年十月三日、日米安全保障協議委員会(以下「二プラス二」という。)でガイドラインの見直しが協議された。また、二プラス二では集団的自衛権の行使に関する事項を含む自国の安全保障の法的基盤の再検討についても協議されている。集団的自衛権は、国内で個別法を改正しただけでは行使できず、同盟国の了承がなければ行使できないのではないか。つまり、ガイドラインが改正されるまで集団的自衛権の行使は実行できないということではないのか、政府の見解を明らかにされたい。

四  二プラス二の共同発表では、「アジア太平洋地域及びこれを超えた地域における安全保障及び防衛協力の拡大、並びに在日米軍の再編を支える新たな措置の承認を基礎としていく。」とある。この「これを超えた地域」とは、どこを指すのか、具体的に示されたい。

五  ガイドラインは、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約(以下「日米安全保障条約」という。)のための運用マニュアルであるはずである。日米安全保障条約第五条では、「日本国の施政の下にある領域」と対象地域が限定されている。アジア太平洋地域及びこれを超えた地域における安全保障及び防衛協力の拡大は、日米安全保障条約の趣旨を逸脱しているのではないか、政府の見解を明らかにされたい。

六  前記五に関して、日米安全保障条約の趣旨を逸脱している場合、ガイドラインの改正だけでなく、日米安全保障条約の改正も必要なのではないか、政府の見解を明らかにされたい。

政府からの返答は4/8の予定だそうです。





Twitter用に援護射撃botを二つ作成しました。

⑴ @advice_anando 『グローバー勧告bot』
先日、太郎さんが質疑に取り出した、国連人権問題のスペシャルリポーター、アナンド・グローバー氏の、福島原発の被曝被災者に対する日本政府への勧告項目を全て載せたもの。朝から晩まででワンクールになります。毎日眺めるのもよし、第三者に奨めて内容を知ってもらうもよし。 一日ですべて知ることが出来るよ。 外務省からの国連への回答はかなりハッタリというか、嘘っぱち。。調べてみてね。

⑵ @antihimitsuhogo『秘密保護法の危険』
年末まで一緒に思い切り頑張った秘密保護法。味方が増えていく様が凄かったですね。非民主的手続きにより強行採決されたものの、これも戦争三法のうちの一つ。しかし虐めや陰謀用の素行調査など、良くない"ついで"が多過ぎ。平凡な人間が日常生活にさえ困りますよね。しっかり廃案を目指して行きたいと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック