MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 重要資料 元MI5情報部員による、電磁波兵器の説明

<<   作成日時 : 2015/06/14 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


元MI5情報部員による、電磁波兵器の説明

http://m.youtube.com/watch?v=NRoN2Fsci3o&desktop_uri=%2Fwatch%3Fv%3DNRoN2Fsci3o


ほぼ、完璧な解説です。
お心当たりのない方は、若干鈍くて気づいてないだけかも。
でも、普通、テレビであれだけ不審死のニュースが溢れていれば、
普通は何か、見えないものの力には気がつきますよね。

しかしマスコミはこれを肯定し、隠蔽し、推奨し、システムを放置する側に立っています。
でもそれは脅されているからであって、ほぼ、皆知っているのです。
大国に電磁波兵器の注文を受け、人体実験大国と化した日本の、企業・国ぐるみの隠蔽です。
イギリスの人なんかはとてもよくご存知ですよね。

その@
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=NRoN2Fsci3o
そのA
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=8b4GYyxMnbI
そのB
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=_NovBNDdW-s
そのC
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=JD2vZZxXKMw
そのD
http://m.youtube.com/watch?feature=relmfu&v=qw385UR3dvQt


筋肉は周波数に依存しているので、心臓の働きを弄ることはかなり簡単です。

例えばオリンピック競技において、特定の選手の動きを遅めることは可能です。

アドレナリン腺を撃つことにより、心臓の動悸や動きを早めることはより容易です。

アドレナリンを増やすことをしても、薬物検査にはひっかかりません。

睡眠中に身体の中の自然物質を増やすことも減らすこともできます。

探知機を使えば、競技場の近くで発見出来たでしょうから、我々は毎日、
検査をすべきかもしれません。


主催国が自国のために配備していたなら、競技勝敗に意味はありません。



最後に、この世界的な状況を脱するには、誠実で大きな力をもった人物が必要です。

例えば、各国王室。王室は絶対権力とはいかなくても政府に対峙できる発言力
というものはあるはず。国民は、彼等の子供、彼らの民。

彼等の民が、政府科学者(政府のためではなく軍事産業その他産業のための政府と科学者達)
によって、惨い実験や拷問を受け、受け継ぐ命に遺伝子損傷を受けさせ続けるのを、
どうかやめさせて欲しい。

記者や調査団に命じ、徹底的に調査し、王の名の下に彼らを裁き、政府の質を変えるべく、
新しい風を吹かせて欲しい。

或いは、王や女王のように、国民を我がことと思える著名な人物でもいい。
我々はすべてを破壊するマイクロ波の乱用によって、国も人類も滅びようとしている。
権力というものがあればそのために一度使って見せて欲しい。我々のために。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
重要資料 元MI5情報部員による、電磁波兵器の説明 MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる