MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 操作される脳、覗かれる脳

<<   作成日時 : 2015/06/12 14:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『マインド・ウォーズ 操作される脳』が人工知能電磁波兵器を暴露
December 20 [Fri], 2013, 22:36
http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/82


ある一冊の本、5年前に刊行されすでにネット上でも言及されているが、
人工知能電磁波兵器の存在を証明する、間接的証拠物件としてそれを
あらためて紹介したい、


●『マインド・ウォーズ 操作される脳』

ジョナサン・D・モレノ 著(Jonathan D. Moreno, Ph.D.)西尾香苗 訳 
脳機能の日本最高権威 久保田競氏(京都大学名誉教授)監訳&推薦。
2008/09/26 発売


この本は、アメリカ国防総省 国防高等研究計画局DARPA(ダーパ)が研究する、驚異的な最先端「脳科学」とそれによる兵器開発を、ついに、とりあげている。

テーマは、電磁波の照射によって人工知能が人間の脳と生体の機能を乗っ取り、人間を遠隔操作された、いわば多重人格分裂生物に変えてしまう、装置の開発が秘かにおこなわれてきたこと、その情報を公開し、そしてこの開発にある非倫理性、犯罪性を告発すること。

この本は、大地震があり放射能がばらまかれ、得体のしれない日本の背後には、そして世界の覇権の変動が起こっているその背後には、何があるのか、何が待ち受けているのか、ということが気がかりなわたしたちにとっては、かなり目が覚める情報である。


●内容

@思考を読み取る技術
A脳から直接マシンに命令を送るシステム
B脳に致命的なダメージを与える薬物を搭載したウイルス
C敵を殺さずに無力化する化学物質

米国防総省国防高等研究計画局(DARPA/ダーパ)が研究する先端脳科学についてわかりやすく解説している。先端脳科学を使えば、自軍の兵士用として、敵軍の兵士用として、あるいは、統治権力にとって邪魔な人物用として、使えるのだ。

(1)相手の思考、イメージ(想像)や夢の画像を読み取る
(2)思考だけで物を動かす
(3)記憶をすべて完全に残す。記憶を操作する。記憶を部分的に消す。
(4)恐怖や怒りを感じなくする。
(5)眠気を感じなくする。或いは突然、眠らせる。
(6)外気に合わせて体温を変動させて冬眠する、或いは体感温度を変える。
(7)炭水化物型代謝を脂肪分解型代謝に切り替えてダイエットする、或いは逆。
(8)傷を急激に治す自己治癒力を高める、或いは遅める。
(9)他人をロボットのように自在に操作する、

――といったことが可能となる。
これは、SFではない。すぐそこの極めて近未来に実現する現実である。


●<著者 ジョナサン・D・モレノ博士>

ハワード・ヒューズ医療研究所顧問を務め、二つの大統領倫理委員会の上級スタッフでもある。過去には、全米生命倫理人文協会の会長を務めた。『議会に倫理学者はいるのか?――生命倫理の最先端)』2005年刊、『不当な危険――アメリカ政府が秘密裡に行った人体実験)』(2000年刊)など多数の著書がある。

==============================

@思考を読み取る技術、A脳から直接マシンに命令を送るシステム、
に関しては、すでに、マウスとキーボードを不要にした、電磁波送受信装置
を介して「脳波」が直接に、遠隔に、パソコンを操作する、という装置が製
品化された。もうすぐマイクロソフトなどがその汎用品を提供しだすだろう。

くわえて、Googleの検索クローラロボットの進化は著しい。彼はすでに人間と同じように考える。ページを瞬間的に全情報を記録し瞬間的に参照し、瞬間的に解析思考する。NSAの。スパイロボットは、全人類のパソコン行動をライブで身張り全人類に張り付いている。

軍事部門で秘密裡に開発されてきたテクノロジーが、民間へ公開されビジネス化される時は、すでにそのテクノロジーは開発が予定を完成し、十分、非公開な臨床実施によるデータ収集が集積している、ことになっている。

★これが日本のような電磁波規制数値の世界一緩い先進工業国が、企業と政府により、秘密裏に無断で一般の罪なき方々を実験台として用い、これを公安警察もくるみで隠蔽している理由である。但し、覚えておかねばならないのは、電磁波規制値が日本より数倍厳しいアメリカに於いても、政府や軍やCIAによる犯罪とも言える無断で行われる人体実験は、80年代から90年代にかけて特に横行したものであり、その初期の無茶なやり方は70年代のヒッピー文化時代に既に社会現象として見られることである。常に電磁波を効果的に作動させるための薬物を併用し、CIAがナチスの流れを汲んでいるため、犯罪者、身体障害者、同性愛者などが特にターゲットにされたことも覚えておかなければならないことである。また、本家イギリスでは80年代には国民に対するこのような実験と大量監視社会を、誤った政策であったと認め、多くの国民が公然と口にする社会問題であることも付け加える。

そうしたことで、電磁波の照射によって人工知能が人間の脳と生体の機能を乗っ取り、人間を遠隔操作された多重人格分裂生物に変えてしまう装置の開発は、初期の段階から現在の高度な人工知能の段階まで、すでに十分、非公開な、その臨床実施(国家犯罪テロ)を繰り広げてきた、といえる。

ということで、悪玉人工知能ハルと電磁波送信受信装置は、非公然なレベルで、世界のあちこちで、とくに米国とその同盟国では、設置されているのである。

★この人工知能により、ある人物の脳コピー、思考や話し方、生体の癖や特徴などを吹き込んだ、「気配の送信」が行われることがある。そこで吹き込まれるセリフは必ずしも「ある人物」本人のものではない。


人工知能 電磁波兵器 | Comment [0]
URL:http://yaplog.jp/kenchicjunrei/archive/82



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
操作される脳、覗かれる脳 MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる