MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 違憲内閣、違憲人事、違憲法令、違憲を裁くにはどうしたらよいか?

<<   作成日時 : 2013/10/21 23:43   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


最高裁長官は竹崎さんは違憲勧告ができる。しかし法を廃案に
するための命令はできない。総理や法制局に対して注意はできる。

法制局長官小松さん 65代 8月から 安倍総理が任命。認証官。
この欠陥法律を通過して顧みない。取り消し勧告を進言すべき。

法制局長官を罷免するには閣議決定が必要。


◉ 違憲法律が、法制局を通過できるようになってる、
という経緯について、何か、語れる人、居ますか??

法務局長官小松さんの責任に於いて、違憲の法案を通過させた
という重責の違憲判決、と言うのは、誰かが訴えを起こさない
限り、何も起こらないのですか??

法制局で却下にならなかった法案を違憲判決するには、具体的
にどうしたら良いのですか?法学部卒業の方、教えてください。

多くの同志達や、創作・開発に携わる方とそのご家族を守る為
======== 背景と対策。コピペ集です。=========

政府が提出する法案はすべて、法制局の審査を通さなければ
国会に審議をかける状態になりません。それらが既存の法律
と矛盾しないか、憲法に違反しないかを審査するのが法制局
の役割です。他省庁にとっては、法制局の審査を通すことが
できなければ何もできない為、権力(拒否権)は絶大です。

戦前はこの法制局の仕事をチェックする存在として枢密院が
ありましたが、現憲法では廃止されています。

しかし、法制局が本気になって法案の棄却を考えるならば、
現政府・内閣の暴走や違憲法案を「棄却」できるのです。
では、今回はどうしちゃったんでしょうか。

<法令違憲とは>
法令違憲とは、法令の全部又は一部に対して違憲を宣告するもの。
但し、日本など付随的違憲審査制の場合、違憲判決は当該案件を
解決するための限度において該当法令を無効とするものであり、
〈法令違憲の違憲判決〉がすなわち、〈当該法令の廃止〉等を
意味するものではないので、該当法令の修正は、国会等に於いて
法令を改正または廃止する必要があります。

しかし、その法令を改廃しない限り、再び裁判所において審査が
なされた場合、同様の違憲無効判決が下されるであろうことが、
立法府等に対する当該条項改廃への事実上の強制力となる。

;;; 面倒ではありますが、裁判を起こせば政府が絶対に負ける、
ということらしいです。起こさなければ、何もなく、つまりは
裁判では棄却されることがわかっているが、国民への牽制道具
になるだけなのかもしれませんね。

しかし、この夏、理性を保っていた法務局に異変がありました。

◆法務局長交代のニュース(8月)
この時、集団自衛権を「保有する」ことはできるが「行使はできない」
という、法務局局長の山本氏が解任されました。産経新聞の論調は
憲法を理解していない似非記者が書いたかのように低脳な結びです。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130822/plc13082203460002-n1.htm

◆集団自衛権を容認する!という仰天の違憲平気小松氏が起用され
ました。彼は憲法解釈は法制局単独ではなく、内閣と共同で判断す
る、そのための憲法解釈をする、という姿勢を強調しましたが、彼
はこれ以上解釈できない文章に対して、これは解釈であると言い切
っています。これは三権分立に違反する姿勢ということになります。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130819/plc13081918000007-n1.htm

↑★この安倍内閣人事そのものが、違憲ですね。
そしてけしからんことに三権分立を、完全に無視しています。

なんでこんなことが報道されずに、まかりとおっているので
しょうかね。もしかして統一教会だけに、半島外国人ですか?



では次。この違憲行為について、進言ができるのは、
<最高裁判所>ですよね。最高裁判所の最高権位は

■最高裁判所長官 竹崎博允
http://www.courts.go.jp/saikosai/about/saibankan/takesaki/index.html

▲最高裁判所  法令。憲法解釈。

第八条 (その他の権限)  
最高裁判所は、この法律に定めるものの外、他の法律において特に定める権限を有する。

第十条 (大法廷及び小法廷の審判)  三項  
憲法その他の法令の解釈適用について、意見が前に最高裁判所のした裁判に反するとき

では、最高裁は、8月から就任している法務局長官の小松うんたらが、
違憲状態で容認している法令案の通過について、どのようにストップ
をかけることができるのでしょうか?手段はありそうですが。。。。

憲法学者と法学者、法学部卒業のみなさん、私たちに手立てを教えてください。これは誰かが、法務局長官や現総理大臣を告訴しなければ、何も始まらないということですか??




次に国民の代表としての「天皇」の権限です。


■天皇は国事行為として、全ての法律の公布者とならなければならない以上、それらの法律が、過去・現在・未来の国民の為になる事を納得した上でなければ、サインしない。

天皇の納得を賜らなければ、御名御璽をいただけない。つまり、法律、政令及び条約の公布が出来ないのである。天皇は、国民の第一人者としての勤めとして、すべての法律に対し、それが法案の時点から、立法府・行政府を代表する一の大臣たる左大臣(首相)からの内奏を受け、御下問を繰り返した上で、御裁可している。左大臣が左大臣たるのは、御下問を自らの疑問と置き換えて、諸大臣・官僚に調べさせ、答えを聞く立場にあるからである。

。。と、この左大臣が、参考にならない嘘をいっているという、
非常に面倒な状況ですよね。この状態で天皇の優しさは仇になります。

ちなみに、エンペラーであり、国の祭司の最高峰である天皇は、英国王室よりも地位が高いです。ユダヤ民族ゆかりとの囁きもありますが、すると更に世界的に手出しできない存在です。

天皇からNo.を突きつけていただくのが、どうやら一番の、しかし、最終手段でございますね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
違憲内閣、違憲人事、違憲法令、違憲を裁くにはどうしたらよいか? MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる