MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 今回はおおざっぱに解説。電磁波と薬剤の組み合わせは・・・。

<<   作成日時 : 2011/10/06 15:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私は以下の二つを飛び越して重篤なんですが。。。。


おっと。君も、あなたも、アトピーなの??

あっと、みんな、花粉症だったね。

これが、重篤になるとどういうことになっていくか、先を考えて生活を改善していこう。


というわけで。。SNSに載せた記事をこちらに公開しましょう。


【1】 電磁波過敏症を自覚しよう!と呼びかけるのが被害撲滅への近道です!

欧米では70年代から電磁波による生体への影響を研究し続けています。
その結果 さまざまな悪性腫瘍(脳腫瘍.白血病.小児癌.肺癌.乳癌.睾丸腫瘍等)、 聴神経腫瘍、筋萎縮性側索硬化症、乳児突然死、ダウン症、流産、早産、子宮筋腫、精子減少、白内障、眼精疲労、痴呆症、アルツハイマ−(認知症のことですね) の奇妙な発生率が、高圧線鉄塔などの近くで多く見られる点に着目するのです。

電磁波過敏症候群は、慢性疲労.ストレス.吐き気.不眠.頭痛.生理不順等を誘発するという ショッキングな研究報告が発表されています。

私たちの暮らしは、携帯電話や家電製品からの電磁波、防虫剤・建材などからの化学物質に囲まれているという側面もあります。そのために電磁波や化学物質による汚染は電磁波過敏症、化学物質過敏症などの新しい病を急増させています。

 <<しかも、電磁波過敏症と化学物質過敏症は併発しやすい>>

と言うポイントがあります。花粉症・化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は、アメリカのレイ博士によると、80%です。 すると、どっちが先に原因になっているのか?という話になります。

これを、周囲に気づかせていくことがとても大事な被害者の役割です。


電磁波によるカルシウム イオン流出や脳中心部の松果体(別名 磁気器官)からの分泌ホルモンの抑制による『免疫機能の低下』でアレルギー状態になりやすいことが原因ではないかと考えられています。

つまり、先に電磁波による免疫機能の損傷があり そこから様々なアレルギー体質が生じている、という社会的な構図も考えられるのです。。。。

北里大学医学部教室ではモルモットを使った実験結果がありますが、電磁波も花粉症を始めとするアレルギー発症のかくれた引き金なのです。。。。

ですので、人間管理用の大量の電波・電磁波に囲まれた現代の日本社会では、誰もが電磁波や化学物質過敏症になる可能性を秘めています。日本では的確な対応ができる病院や医師は極めて少ないのが現状であり、北里大学病院と国立環境研究所では、独自の調査を奨めています。

世界一規制がゆるく、現在常識はずれのレベルに至る電磁波過多の日本社会では、カルシウムイオンの喪失から、多くの方々がアレルギーや情緒不安定、不定愁訴を訴えるようになっているのです。
.


【2】 政府・総務省の絶望的な方針について

総務省の作業部会は2010年8月26日、携帯電話や高速無線データ通信に使える電波を2015年に現在の1.6倍に、2020年に現在の4倍に増やす目標を提示しました! 多機能携帯電話(スマートフォン) などの普及拡大で通信需要が大幅に伸び、周波数が不足する可能性があるためです。2011年中にも電波法を改正し、周波数の再編を加速する新制度を導入することも正式に表明しのです。

地デジ対策は、この一環でした。電波枠の拡大を図る為だったのです。

更に「第4世代携帯(4G)」と呼ばれる毎秒1ギガ(ギガは10億)ビット以上の超高速通信が可能な携帯電話サービスの開始に向け、総務省は携帯電話用に割り当てている電波の周波数帯を、平成32年までに4倍に広げるとともに利用効率を上げて通信容量を400倍に増大する方針を 固めたのでした。(2009年5月18日)。

日本列島は、過疎地といえども隅から隅まで全国土が電磁波汚染に晒される様相であります。


唯一の避難対策は、国外脱出しかありませんが、アメリカやイギリスは被害先進国であり、コミンテルンなど、政府内に侵入した共産勢力により、インフラとして大量監視社会の為の電波網が行き渡ってしまっています。

ですので、移住先は、以下の国にすること って話。

カナダ(東海岸を除く)、オーストラリア、ニュージーランド、
欧州共同体 (オーストリア、フランス、スイス、スウェーデン、デンマーク、ノルウエイ, オランダなど)。



【3】 電磁波の種類と性質について

電磁波の範囲は広く、放射線・紫外線・可視光線(太陽光)や私たちの身近にある送電線.携帯電話.家電製品.OA機器などから発生する電磁波も、これに含まれます。

放射線(x線、γ線)、紫外線(UV)、可視光線(光)、赤外線(IR)、宇宙通信のマイクロ波(SHF)、テレビ・携帯電話の極超短波(UHF)や超短波(VHF)、ラジオ放送の短波(HF)・中波(MF)・長波(LF)から送電線や一般の電化製品の極低周波(ELF) 等の呼称は、電磁波の波長や周波数で分類されています。

盗聴・盗撮器にも使用されている無線周波数の多くは、HF〜UHF帯域を使用しています。盗聴・盗撮用電波に多用されている周波数は26MHz〜2,400MHzと言われます。


センチ波(SHF)又はマイクロ波   3GHz〜30GHz  
衛星通信、気象航空 船舶レーザー

極超短波(UHF)又はマイクロ波   300MHz〜3GHz  
UHFTV、衛星通信携帯電話、PHS、電子レンジ

極短波(FM/VHF)  30MHz〜300MHz   
VHTV、FM放送、航空管制

短波 (HF)3MHz〜30MHz   
テレビ、短波放送、アマチュア無線

中波 (MF) 300KHz〜3MHz     
AMラジオ放送、各種無線通信

低周波 (LF)30KHz〜300KHz    
船舶・航空機航行用

超低周波 (VLF)3KHz〜30KHz      
船舶向け通信、電磁調理器

極低周波 (ELF) 3Hz〜3KHz        
一般の電化製品、送電線


可視光線や赤外線も電磁波なのに、なぜ無害なのかという疑問が有りますが、これらの電磁波は生物のエネルギー源(光合成や熱エネルギー)として必要であり、このエネルギーは生物の誕生と進化に不可欠な要素だからです。

しかし自然界の電磁波も全く無害かと言えば、決してそうではありません。強い太陽光を浴び過ぎれば 日射病や熱射病になるでしょうし、紫外線が強くなれば皮膚ガン、白内障、免疫力低下が増加します。

ところがここ数十年の間に自然界に無い人工の商用電磁波が急速に多用されるようになり、それらが本当に安全なのかどうか研究が国際機関を中心として続けられています。エジソンは身体深くまで侵入する交流電気の危険性(刺激効果や熱効果)を危惧し、交流電気の使用には一貫して猛反対していました。が、その後発展したこの商用電磁波を簡単に説明しますと、

(1)低周波(ELF)から発生する電磁場(ELF)
低周波(ELF)から発生するものは送電線・配電線や一般的な電化製品です。被害は一般的に白血病のリスクが高い。白血病は血液のガンですので、あらゆるガンや膠原病・リウマチ。リンパ系疾患など、免疫疾患の原因になっているようです。

(2)高周波(RF)から発生するものとに分けられます。
高周波(RF)から発生するものは各種無線電波(携帯電話・PHS・放送や通信電波・アマチュア無線)、医療機器、電子レンジなどです。 被害は一般的に、気分が悪い、イライラする、頭が割れるように、或いは締め付けられるように痛いとの症状を訴えられます。

更に症状が進むと耳鳴り、うつ状態、脳への血流量の60%減少や、松果体へ攻撃でホルモン機能不全などが高じ、幻聴や多イメージ(幻覚でないと自覚できるが認識異常)なども出てくることがあり、被害者意識が強くなり、周囲の人間を警戒します。。

電波塔がや地下送電線が近所にないか調査し、できれば引っ越しを。更に携帯電話やパソコン無線機器等の使用を控え、出来るだけコンセントを抜き、電化製品からは離れて暮らす工夫が必要です。
 

【4】 電磁波の脳神経・及び身体への健康影響 
(音声送信・身体生理機能コントロール被害者の方は必見です)
 
人間の身体は、化学反応による微弱な電気信号で情報を伝達し脳でコントロールされています。細胞膜の内外で微弱な電位差があり、神経伝達が弱い電気信号(数十ミリボルト)で行われ、外部からの 刺激情報(光・音・ニオイ・味・触覚)は、電気信号として感覚神経をたどり、脳へ
と至り感覚が生じます。

体の中ではある種の電流が生じており電気信号は秒速200〜300mの速度で大脳皮質の中に広がってゆきます。脳には140億ものニューロンという神経細胞が想像を絶する複雑な回路を作っており電気信号(電気パルス)で瞬時に情報を伝達し、体内のさまざまな器官を総合的にコントロールして生命を維持する重要な役目を果たしています。即ち人間の体は微弱な電磁波によってコントロールされているわけです。
   
これらの回路が外部からの微弱電気信号など、何らかの操作や障害を受け、情報の伝達がスムーズに行われないと感覚、感情、肉体面にさまざまな障害をもたらします。

脳だけでなく、心臓も電気信号が心筋に伝わって心臓が拍動(収縮と拡張)しているわけですので、遠隔からここに影響を与えることも可能です。心拍数を上げることもできますし、止めることもできます。

言うまでもなく、これらの電気信号を記録したものが脳波図や心電図です。脳や心臓だけでなく、全身に電線のように張りめぐらされている神経細胞も毎秒約60メートルの電気信号で情報を伝達しています。

高圧送電線、電波塔、携帯電話、家電製品等の商用電磁波が急速に拡大し、さまざまな電磁干渉を引き起こし、周辺機器の誤作動やノイズ(雑音)を発生する問題が多発しています。

例えば航空機の航法装置や計器類の誤作動、銀行のATM誤作動、医療機器や電子機器の誤作動(心臓ぺースメーカー、補聴器、電動車イス等の誤作動テレビやパソコン画面の雑音や画面焼け(画像の変色や縮小等)さまざまな分野で電磁干渉が発生しています。

これら広範囲の電磁波が機器だけに影響を与え、微弱な電気信号でコントロールされている人間には何の影響も与えない、安全であると断言するのは無理がありますよね。


脳の血流量について、北里研究所病院臨床環境医学センターで実際に16ヘルツから1メガヘルツ(100万ヘルツ)まで5通りの電磁波を発生させて体の変化を測定したところ、電磁波過敏の自覚症状の有る人の血流量は、健常者に比べて最大40%減るなど血流量が大きく変動し電磁波が影響しているらしいと分りました。これが「うつ」や「気を失った状態」や「頻繁に起こる忘却」「記憶喪失や過去の記憶・認識の混乱」の原因となっていることは想像にかたくありません。

化学物質過敏症という病名は、日本でも2009年6月に認知され、10月から病名登録ができるようになりました。

電磁波過敏症(ES)は化学物質過敏症(CS)と同じような症状を発生します。

      ES(電磁波) → CS(化学物質) → アトピーやアレルギー、というわけです。


【5】 電磁波過敏症

「電磁波過敏症」は1980年頃から世界的に急増しているハイテク病で、アメリカの医学者ウィリアム・レイ博士によって命名されました。北里研究所病院臨床環境医学センターの坂部医師によると、自覚症状を訴える人の多くは、
●眼球が滑らかに動かない、●瞳孔の調整がうまくできないなど●中枢神経や自律神経の機能に障害が起きている割合が高く、ごく微量の化学物質で症状が出る「化学物質過敏症」と共通点が多いということです。

しかし、電磁波過敏症患者で最も顕著に変化が現れたのは、
●脳の血流量が健常者に比べて最大40%以上減るなど、●血流量が大きく変動するという特徴があります。。

脳の血流量の減少は、脳にうつ・記憶喪失・認識障害・そして身体恒常機能の維持機能のなどに障害をもたらします。この症状が、自律神経失調症や中枢神経障害を発生させる要因になっていると考えられます。

電磁波過敏症は、花粉症などと同じく、ある一定の対処許容量を超えると突然に 襲ってきます。

列記しますと更にこのような表現が取られています。


その1)たびたび発症する兆候:

(1) 普通でない身体の熱さ、日焼けのような熱さを顔に感じたり、皮膚に炎症が起きたり、顔に赤みが出るなど 

(2) 他の部分に移動するような不自然な、くすぐったさや かゆみ、刺すような痛みを感じる
 
(3) 呼吸器上部の乾き、呼吸が浅い、呼吸困難がある(過呼吸症候群も含む)

(4) 目の乾きや炎症、白っぽく視界がかすむなどの事象がある 

(5) 集中力の欠如や、めまい、記憶や方向感覚の喪失

(6) 粘膜が膨張し(感染症ではない)、鼻、のど、副鼻腔、耳が腫れる

(7) インフルエンザに感染していないのに、始まったかのような感覚が起きる

(8) 自己免疫疾患に関係するリュウマチ性の反応に似た症状が起きる



その2)頻発しないが、もっと深刻な症状:

(1) 強く刺すような頭痛、頻発する吐き気、異常な疲労感 

(2) 痺れにより、皮膚の感覚がなくなる 

(3) 歯や顎が痛む

(4) 激しい運動をしていないにも関わらず、筋肉痛や関節痛がある

(5) 腹部への圧迫感や痛みを感じる、突然の痛みの後下痢をする

(6) 頻脈や不整脈がある


その3)さらに深刻な兆候:

(1) 数秒〜数分間〜数時間の意識の喪失 

(2) 脳溢血による重篤・死亡




また最近の研究報告では、携帯電話から発生する微弱なマイクロ波が、血液-脳関門を損傷する可能性があり、血液-脳関門を通して漏れる化学物質が大脳皮質内海馬、大脳基底神経節などの神経細胞(ニューロン)に損傷を与えることを示しています。

ですから、携帯電話の電波を使った音声送信や人間の感情・動作のコントロールは、今、国家プロジェクトの名の下に、盛んに行われていますが非常に人間の脳を損傷させる行為だということです。

また、ここからは気をつけて読んでほしいのですが 更に

◎超低周波電磁波と
◎特定の有害化学物質との組み合わせが

脳腫瘍(神経膠腫)のリスクを相乗的に増加させる、という新しい研究も報告されています。

◎超低周波電磁波と◎溶剤で、複合的リスクは50%以上(つまり脳腫瘍はやや人工的に作れる)

◎除草剤と殺虫剤でおよそ2倍、◎鉛で4倍近い  増加をみせています。
 
※鉛を投入された被害者は存在したようです。

このように高周波も低周波も共に脳機能に損傷を与えることが報告されています。
被害者は口に入れるものもよく気をつける必要がありそうです。

.
【6】 身体症状・メンタル症状の低下が、心因性ではないことをよく確認しましょう

心気症との区別が難しいのですが、原因が他にあるため、神経内科でさえも取り合ってもらえないケースが多いということです。診療を行う医療機関も少ないので、巷では誤解されがちですが、これは花粉症が社会認知される以前の状況だと考えれば良いでしょう。

まずは、患者自身がこの症状が家庭や職場の電気の使用量やコンセントを抜いたりブレーカーを落としたりすることによって変化したり、血流や免疫によく配慮することで症状が消滅することがある、ということをつきとめ、あくまでも心因ではなく外因であることをはっきりと自覚することがまず大切です。

過敏症患者は体がセンサーのように鋭敏になっているので、微弱な電磁波にも過敏に反応します。楽になるのもすぐにわかるはず。この点が心因症と大きく異なります。

間違った薬を飲まされたり、社会的レッテルを貼られないように気を配り、電気や無線商品に多く頼る生活を見直すことから始めてください。

電磁波過敏症患者のほとんどは見た目で症状がわからないため、Wikipediaの最後に記されているように、<思い込みや精神的な病気>と始末されるケースも多く、WHOの提起した調査依頼に対する諮問機関の答えもこれに近いものでしたが、

これは世界的なネオナチ勢力による似非国家プロジェクトの隠蔽工作に他なりません。

原発の話題という例から手に取るようにわかると思いますが、電気の増産とそれを使用した電磁波による国民のコントロールという裏社会体制には膨大な利権の旨みがあります。

我々はこれを野放しにすることは民族的に自殺行為であることを自覚しないといけません。

.モニカ 10/06 15:15 削除
今のところ、主な対処方法は電磁波の発生源を避ける以外に方法がありません。 電化製品は配置を換えたり使用頻度を少なくすることで対処できても、送・配電線や携帯電話の鉄塔から発生する電磁波は避けようがなく被害の拡大が懸念されます。

しかし、電化製品のコンセントをよく抜く、小分けのブレーカーをよく落とす、携帯電話の中継鉄塔地下半径200m地点から引っ越して、別の影響の少ない場所で暮らす、ことによって、室内での身体症状の軽減と回復が成されることもわかっております。

また、化学物質過敏症も併発している場合が多いので、オーガニックな天然繊維の衣類・リネン類、食事も無農薬・雑穀・根菜の摂取に切り替えることで脳神経の状態も身体不調もかなり回復することがあります。

塩水で放電することも有効です。チタンループを首に巻くことも、自覚を促す第一歩になります。

また、方位磁石をあちこちで使い、磁場の乱れをよく調べるようにしてみましょう。昼間かよるかなど、時間帯によって変化しているのであればそれも記録しておきましょう。


【7】 被害人口推定

電磁波過敏症は化学物質過敏症と並んで患者の数が増大しており、両方に罹患するケースも多くなっていますので、そこから電磁波過敏症の罹患人口を推定していきます。

電磁波過敏症、化学物質過敏症、花粉症等のアレルギーは、共に、体内の負荷総量(受容量)が限界を超えると突然 相乗的、連鎖的に発症するようです。

アメリカで過敏症患者の治療にあたっている環境医学センターのレイ博士によると、化学物質過敏症と電磁波過敏症の併発率は<80%>とのことです。

先に述べましたように、電磁波による身体・免疫機能の低下が自覚のないままに先にあり、その後、カルシウムイオンの流出やホルモン分泌の不能状態を経て、化学物質過敏症や花粉症・食物アレルギーを生じている可能性も高いのです。 ES → CS → アレルギー・アトピー

日本の場合、化学物質過敏症患者は総国民の10%以上だと言われていますが、仮にその80%が電磁波過敏症だとすると、1000万人以上が電磁波過敏症を発症していることになります。

被害先進国、イギリスの市民団体「パワーウオッチ」のホームページには、「人口の35%が影響を受け、そのうち5%はライフスタイルを大きく変えなければいけない程、深刻な症状に苦しんでいる」とあります。

またパワーウオッチが指摘するように、人口の5%が深刻な影響を受けているとすると、日本では650万人が<<重症の>>電磁波過敏症を患っていることになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今回はおおざっぱに解説。電磁波と薬剤の組み合わせは・・・。 MONIQUE(モニッキ)のお散歩日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる